トップ / 美容関係の仕事での注意

美容関連の仕事の情報

美容関係の仕事で多い訴訟問題 

美容師、ヘアメイク、エステなど華やかなイメージがあり人気の職業でもありますね。その華やかさとは裏腹に「訴訟問題」の実例が日常茶飯事な事はご存知でしょうか?訴訟というと頭に思い浮かぶ職業は医療関係ですが、美容師もある意味、髪をカットするので、人にメスを入れる職業であり、仕上がり次第で問題になるのでしょうね。実例ですが、茶色のロングヘアーを自慢とするキャバクラ勤務の女性が、サロンでカットとカラーを注文しました。「巻き髪ができる長さで一番長い部分の髪は残して、トップとの差があるウルフカットのような髪型にはしないで。カラーは赤オレンジ。」4時間かけての仕上がりは女性の希望より遥かに短く避けていたウルフカットに仕上がっていました。その後、裁判になり裁判官が女性だった為、理解されたのか勝利したという。

訴訟のリスクを抱えるもの 

美容業界はアフターケアの拙さやなかなか思うような効果が出ない事に腹を立てた顧客が訴訟を起こす可能性が高い所です。一度、このような状況に陥ると問題を解決するまでに多くの時間と費用をようします。場合によっては訴訟中に亡くなるケースもあります。今後、美容業界は顧客との争いを減らすためには事前の説明を今まで以上に丁寧に行い、顧客を納得させる事です。また、トラブルが起きた時には迅速に対応し、状況が落ち着くまで誠実に顧客の対応を行う事です。クレーマー対応は専門家に任せる事もそれを減らす対策の一つです。最初の対応でミスをし